情報処理科(情報処理・IT・コンピュータ 専門学校)

その情熱、実現させよう。



北海道 2年制 技術と資格を備えた情報技術者になる 情報処理科

なに!?オープンキャンパスまであと3日だと!?

2007年06月21日 なに!?オープンキャンパスまであと3日だと!?

プルルル・・・ッ。ガチャ「はい、こちらJOHOコップ・・・。」

なにっ情報処理試験の問題で対決したいだと・・・
奴なのか怪盗ハットなのか・・・早く行かねば・・・

joho20070621_01「おっとこれは6/24のオープンキャンパス準備・・・情報処理科を見に来てくれる高校生の為に最新鋭のWindowsVistaとOffice2007を用意したゾパソコン初心者やSE・プログラマを目指す高校生など、たくさんの参加を楽しみに待っているゾ

「遅かったなJOHOコップ・・・ さぁ、勝負だ

 

基本情報技術者試験からの出題

問題 BCDコード(2進化10進符号)の100100010101は,10進数で幾らか。

.−277
イ.915
ウ.2325
エ.4425

 

「今週末はオープンキャンパスと午前免除試験のダブルブッキングで大変だというのに・・・卑怯者め

「せいぜい悩むんだな・・・さらばだ

 

 

怪盗ハットはどこだ・・・
なに答えを知りたい続きを読むんだな・・・フッ

                           つづく

JOHOコップ

小川昌宏先生の解説

BCDコードは10進数の1〜9を4けたの2進数で表現する方法。
4けたで区切る・・・すなわち2進数→16進数変換で16進数を10進数読みするという意味。

(1001 0001 0101)2 → (915)16

となり915であることが解る。

正解はイ。

 

おまけ・・・
  【基数変換表】
2進  10進  16進
0000  0    0
0001  1    1
0010  2    2
0011  3    3
0100  4    4
0101  5    5
0110  6    6
0111  7    7
1000  8    8
1001  9    9
1010 10    A
1011 11    B
1100 12    C
1101 13    D
1110 14    E
1111 15    F

・・・0〜9までは10進数も16進数も一緒なのだ。
BCDコードではA〜Fは数値としては使用しない。
但し、+の符号としてC。−の符号としてDを使用することがある。

n-08695340 at 22:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL | |

コメントする

名前
 
  絵文字